軽未使用車とは?

軽自動車の「未使用車」は、正式には「届出済未使用車」と言います。その名の通り、「登録届出はしているけれど、使用はしていないお車のことです。未使用車は、かつては新古車とも呼ばれていました。

なぜ未使用車が生まれてくるのでしょうか?

それは自動車メーカーが実績を増やすために、いったんフジカーランドのような販売店の名義で登録(届出)することにより「車が売れた状態」にして、それを中古車として販売・流通させているのです。こうして、「使っていない中古車=未使用車」が生まれているわけです。
また、車両自体は自社で保管し、後にその車両を中古車として販売するという経過をたどる場合が多く、そのため、未使用車は必要最低限の移動のみで、新車とほぼ変わらない状態のお車なのです。

新車・届出済未使用車・中古車の違い

フジカーランドの軽未使用車が選ばれるワケ

● 何といっても安い!

フジカーランドでは独自の仕入れルートから、大量に一括購入し、販売地域も東信エリアに限定させていただくことで価格を抑えることを実現しています。原価ぎりぎりまでのお値段を実現しています。

● 安さだけでなく、車種の鮮度も高い!

最新車種や未公開車など鮮度の高い車を日々入庫しており、ホームページでご紹介している車両はごく一部です。掲載されていない車両もホームページからお問い合わせいただくか、展示場へお越しいただくことできっとご希望のお車が見つかるでしょう。

● たっぷりの保証だから安心!

新車と同様の保証(有料)がつけられます。さらに二年間の延長保証もご用意しております。